信託

家族信託・民事信託とは

家族信託・民事信託とは

自分の財産

②家族など信頼できる人に

託す

制度です。

民事信託とは営利を目的とせず、信託銀行の取り扱う信託商品や投資信託(商事信託)とは違い、財産の管理や移転・処分を目的に家族や親族等で行うものとされています。

民事信託の中で、資産を持つ人(委託者)が家族や親族に託すことを『家族信託』と呼んでいます。

※なお、「家族信託」という名称は、(一社)家族信託普及協会の登録商法です。

家族信託(民事信託)の中でも、資産を持つ人(委託者)が信頼のできる家族に(受託者)に資産を預け、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」を実現しようとする民事信託の形態を『福祉型信託』と呼んでいます。

お問い合わせはこちらまで

当事務所では、会社設立に関する相談から設立後の諸手続、許認可など
幅広くご相談に応じております。
継続的な関係やバックアップを望まれるお客様には、
司法書士・行政書士として法務顧問に就いての支援も致しております。

どうぞ、お気軽にご相談ください。
0744-20-1260
受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]